抜け毛・薄毛に悩む産後女性を助ける!有効な対策法

賢いママの産後抜け毛対策


抜け毛が減れば、産後のストレスも解消



頑張る育児ママをしっかり応援します



⇒ 産後の抜け毛の不安を早く解消するならこちら

抜け毛・薄毛に悩む産後女性を助ける!有効な対策法

産後,抜け毛,対策

 

母乳をあげている女性は

 

栄養のバランスに気をつけて食事をしましょう。

 

白米と根菜を中心とした和食は、血液の流れを良くする効果が

 

あるため母乳の出をよくするためにも効果的です。

 

それに加えて、たんぱく質が豊富な魚や、ミネラルを含む海藻類、

 

女性ホルモンと似たはたらきをする大豆イソフラボンを

 

含む納豆や豆腐を意識して食べるようにすると、抜け毛予防に効果的です。

 

また、産後の抜け毛とともに頭痛に

 

悩むママも多いようです。

 

これは、骨盤の歪み(リラキシン)が関係しているかもしれません。

 

産後に起きる頭痛と通常の頭痛の大きな違いは、

 

産後の「骨盤のゆがみ」が原因とされています。

 

妊娠すると「リラキシン」というホルモンの影響で、

 

骨盤の仙腸関節の周辺の靭帯が緩み、出産の準備をします。

 

リラキシンが出ている間は、関節が柔らかくなり

 

骨盤が歪みやすくなります。

 

リラキシンは妊娠中から産後6ヶ月間頃まで

 

分泌され、女性の人生で最も骨盤が歪みやすい期間です。

 

骨盤が歪むと、腰椎、胸椎、頸椎も歪んできて

 

神経や血管を圧迫するため、

 

頭部を流れる血流が悪くなることで頭痛が起こります。

 

産後特有のメカニズムのため、

 

だんだんと骨盤の緩みが解消してくると頭痛も軽減されるといわれます。

 

また、授乳による水分不足(オキシトシン)も原因のひとつのようです。

 

産後は授乳をする際に「オキシトン」という子宮を収縮させたり、

 

母乳を分泌させるホルモンが急増します。

 

授乳をすると体の水分が減る為、

 

血液がどろどろになり血流が悪くなるため、

 

授乳中に偏頭痛やめまいを起こすことがあります。

 

多くは出産後8週間程で症状は治まりますが、

 

人によってはそれ以上続く場合もあります。

 

抜け毛も気になりますが、このような頭痛も

 

適切に対応したいものです。

 

また、赤ちゃんが小さいと夜中にあやしたりしなければならないので、

 

どうしても寝不足になりがちですよね。

 

ですが、赤ちゃんが元気一杯でもお母さんに元気がないと、

 

困ってしまいます。なので、全て自分でやるのではななく、

 

たまには旦那さんやご両親に頼るなどして、

 

休息の時間を作りましょう。

 

ストレスがたまると血液の流れが悪くなり、

 

頭皮に十分な栄養が届かなくなります。

 

産後はホルモンバランスの乱れからどうしても

 

イライラしやすくなってしまいますので、

 

自分に合った方法でストレスを解消することを心がけてください。

 

一人の時間を作るのはなかなか難しいでしょうが、

 

時には子どもを旦那さんに見ていてもらい、一人で入浴するだけでも、

 

ストレス解消になります。

 

ゆっくりと湯船に浸かるだけでもとてもリラックスすることができると思いますし、

 

体全体の血流も活発になります。

 

また、休日にマッサージなどに出かけてみるのもいいかもしれません。

 

最近では、女性用の育毛剤も増えてきました。

 

女性用の育毛剤は、ホルモンに作用するものではなく、

 

自然派の原料を使った、頭皮環境を整える効果のあるものがほとんどです。

 

妊娠中や産後のデリケートな時期でも使えるよう

 

処方してある育毛剤も多くありますので、

 

抜け毛予防に使ってみるのもよいでしょう。

 

妊娠中から育毛剤を使ってケアすることで

 

頭皮の状態がよくなり、産後の抜け毛を減らすことができます。

 

産後抜け毛の悩み解消 髪の栄養はどこから? 抜け毛原因探求

 

だいたい何本ぐらい生えているのかご存知でしょうか。

 

個人差はありますが、平均するとひとりの人の頭には、

 

およそ10万本の毛髪が生えています。

 

それぞれの髪が伸びる速さは、だいたい一日に0.3ミリ。

 

一日に髪全体で30メートルも伸びるのです。

 

一ヶ月なら、単純計算で900メートル。

 

これほどのスピードで代謝する細胞は、ほかにはありません。

 

では、髪がどこから栄養を得ているかというと、

 

これは血液からなのです。

 

髪は根っこの部分で、直接血管とつながっています。

 

毛髪のうち、頭皮から隠れている部分を毛根といいます。

 

そのいちばん根っこには毛球と呼ばれる膨らんだ部分があり、

 

そこに神経や毛細血管が集中している毛乳頭、

 

栄養を吸収して新しい毛髪を作る毛母細胞が含まれています。

 

毛母細胞が分裂を繰り返すため、

 

毎日少しずつ髪の毛が上に押し上げられ、伸びて見えるわけです。

 

なので、毛乳頭にきちんと栄養が届いていることは、

 

健康な髪を作り出す必要条件です。

 

そして、その栄養を握っているのは血液。ですから、たくさんの量が必要。

 

漢方の世界では、髪は血液の余り物で作られると言われるほどです。

 

美髪のためには健康な頭皮が大切、そして血流がいいことが

 

重要なのです。。

 

 

産後の抜け毛対策に有効な食事と栄養の関係

育毛のために積極的に摂りたい栄養素とは?

 

わかめや昆布などの海草類が髪に良いという話をよく聞きます。

 

しかし、海草類を多く食べれば育毛・発毛が促されるわけではありません。

 

それよりも、育毛のためにはバランスの摂れた食事をとることが大切です。

 

特に女性の髪には、

 

良質なタンパク質や亜鉛、ミネラル、ビタミンEが必要です。

 

これらの栄養素は積極的に摂っていきましょう。

 

髪の成分の99%はタンパク質。

 

約18種類ものアミノ酸が結合して作られたケラチンというタンパク質です。

 

これが不足すると髪の毛が細くなることがあります。

 

良質なタンパク質を多く含む食べ物には、大豆・豆腐などの大豆製品、

 

枝豆、白身魚、まぐろ、鶏肉、卵、牛乳・チーズなどの乳製品があります。

 

亜鉛は、新陳代謝を高め、育毛・発毛に必要不可欠な栄養素です。

 

髪をつくる毛母細胞の細胞分裂や再生を促し、

 

髪の毛を摩擦や刺激から守るキューティクルをつくるためにも欠かせません。

 

丈夫な髪の毛を育てるために、なくてはならない栄養素です。

 

納豆、アーモンド、ピーナッツ、ゴマ、海苔、高野豆腐、

 

いわし、牛もも肉、豚レバーなどに多く含まれます。

 

ビタミンC、クエン酸と一緒に摂ると、より効果的です。

 

ミネラル(鉄分)も大事です。

 

髪の毛に栄養を運んでくれる鉄分は、

 

不足すると髪の毛がパサつく一因となります。

 

レバー、ほうれん草、ピーマン、芽キャベツ、牛肉、干しえび、

 

まぐろ、干しひじきなどの食べ物に多く含まれています。

 

鉄分の吸収を助ける働きのあるビタミンCと一緒に摂るようにしましょう。

 

ビタミンEは、抜け毛の原因となる過酸化脂質の生成を抑え、

 

女性ホルモンの分泌をスムーズします。

 

過酸化脂質が抑制されると毛母細胞への血液の流れが

 

スムーズになり、頭皮の血行促進に繋がります。

 


産後の生理再開 生理前に女性の抜け毛が増える?その訳は?

 

生理前に抜け毛が増えるのは、ホルモンバランスが

 

大きく関係しています。

 

産後女性の生理再開前には同じことが考えられます。

 

平均的には産後8カ月で70〜80%の人が生理が再開しますが、

 

産後1〜2カ月で始まったという人もいれば、

 

1年半以上こない人もいます。

 

授乳中のママは生理が始まりにくいとも言えるでしょう。

 

生理の再開の要因はいろいろありますが、

 

1番大きく関わっている要因は母乳です。

 

授乳中は「プロラクチン」というホルモンが分泌されるのですが、

 

このプロラクチンには排卵を抑える作用があります。

 

そのため、プロラクチンが多く分泌されている間は、

 

生理は再開しにくいです。

 

ポイントは1日5回以上の授乳、1回10分間以上の授乳、

 

夜間の授乳などを行っている間は、

 

生理が再開しにくいとされています。

 

一般的に母乳を上げているママは生理の再開が遅く、

 

ミルクのママは早い傾向にあります。

 

ただし、あくまで傾向ですので、

 

すべてのママに当てはまるわけではありません。

 

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが

 

崩れてしまうと女性は頭痛や吐き気、ほてりや

 

イライラなど様々な症状に悩まされることになります。

 

女性が抜け毛が増えたと感じる高温期は

 

プロゲステロンの働きが活発な黄体期と呼ばれる時期です。

 

この時期は皮脂の分泌が激しく頭皮の毛根が詰まりやすくなってしまいます。

 

低温期、高温期がありそれぞれ分泌されるホルモンが違います。

 

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵に向けて女性らしさを保ち、

 

お肌や心の調子を安定させてくれます。

 

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、

 

身体を妊娠成立に向けて作りあげていくホルモンです。

 

プロゲステロンには皮脂の分泌を盛んにする要素があり、

 

毛根を詰まらせてしまいます。

 

そのため、プロゲステロンが増える生理前には

 

毛根は余分な皮脂で詰まった状態になり、

 

髪の毛が抜けおちてしまうと言う現象が起こってしまうのです。

 

抜け毛以外にも肌荒れやむくみなどがおこりやすくなります。

 

産後女性の生理再開前には、妊娠していない

 

一般女性と同じ生理前の抜け毛増加の現象と

 

同じようなことが起こっているのかもしれません。

 

今までに述べたように、食事や生活習慣に気をつけて

 

ホルモンバランスを整えるのが、生理再開前の産後女性に

 

とって、抜け毛・薄毛対策になるのかもしれませんね。

産後ママはチェックしたい!抜け毛は1日に何本くらいあるのか?

通常の人の抜け毛は、1日平均50〜100本です。

 

産後のママの場合、これより増えて100〜300本も

 

抜ける人も多いようです。

 

季節は、夏よりも秋に抜け毛が多くなる傾向があります。

 

それは、夏の強い日差し、紫外線で髪が痛むためです。

 

産後ママの抜け毛は、1日に100〜300本くらい

 

にはなるようです。

 

当然、個人差があるので、一概にこれとは言い切れませんが、

 

大体の目安にすればよいでしょう。

 

ちなみに、年間では、

 

20000本?35000本抜けているという計算になります。

 

髪の毛全体では約10万本生えていると言われていますので、

 

だいたい3年間くらいで、髪の毛はすべて生え変わると

 

考えられますね。

 

髪にはヘアサイクルと呼ばれる周期があります。

 

産後ママが注意したいのは、このヘアサイクルと

 

出産後の体の状態をしっかりと把握することです。

 

成長期

 

成長期とは、毛細血管から栄養を取り入れ、

 

毛球部で毛髪が作られている状態です。

 

その期間は2?6年で、通常は髪の全体の90%が、

 

この成長期にあたります。

 

 

退行期

 

退行期は、毛球部での毛母細胞の分裂が

 

急激に衰えてくる時期です。

 

期間はおよそ14日間前後です。

 

 

休止期

 

休止期は毛母細胞の分裂が止まり、

 

毛髪自体が作られなくなります。

 

休止期間はおよそ3ヶ月。

 

そして、また成長期がやってきます。

 

 

このように髪にはサイクルがあって、

 

「休止期」から「成長期」に差し掛かるタイミングで

 

髪が抜けていきます。

 

また、人の毛髪(毛包)は別々に活動しているので、

 

犬や猫のように特定の季節に一斉に抜けることはありません。

 

そして、一生のうちにこの毛周期は、およそ15回繰り返します。

 

 

それで結局1日に何本抜けるかということですが、

 

たとえば髪の毛が10万本ある人の場合、

 

約10%の1万本が「退行期」「休止期」にあたり、

 

「成長期」に移行する3ヶ月の間にこの1万本が脱毛する計算になります。

 

抜け毛の総数だけ見ると青ざめてしまいますが、

 

これを1日で換算すると大体「111本」程度です。

 

なので、

 

「枕に4?5本髪が抜け落ちてた」

 

「整髪料をつけていたら手に10本抜け毛が」

 

なんてことで薄毛の心配をする必要がありません。

 

 

また、整髪料で整えている時は抜けた髪もくっついている状態なので、

 

髪を洗った時にはいつもより抜け毛が多い気もしますし、

 

髪を洗わず翌日に洗うと抜け毛が多く感じるのも、

 

前日に抜けるはずのものが翌日に持ち越したと考えると納得できますよね。

 

それとは違って、それ以上に抜け毛が多いと感じたり、

 

確実に抜け毛が秋でもないのに、200本、300本ある!という人は、

 

原因を知って抜け毛・薄毛の対策を行い、改善していく必要があります。

 

また、1日の抜け毛の多くが、「シャンプーの時間」におこっています。

 

具体的に言うと、20本?50本くらいはシャンプーの時間に

 

抜けていると考えられています。

 

ほとんどが自然な抜け毛なはずですが、

 

あまりに強い刺激でゴシゴシと洗ってしまうと、

 

不必要な抜け毛がおこってしまう可能性もあるので、

 

十分に注意したほうが良いでしょう。

 


産後の抜け毛に効く 3つの対策で抜け毛を治す

 

3つの抜け毛対策

 

まず、大事な髪を保湿することです。

 

特にふたりめの子供の出産を経験したことが

 

ある方は自分の髪の毛が

 

パサパサなことに気が付いていると思います。

 

授乳や生活環境の変化で

 

髪が乾燥しやすく栄養不足に陥っています。

 

頭皮の乾燥が進むと血行が悪くなり、

 

毛根に栄養が届かなくなる原因にも

 

なりますので保湿対策をするようにしましょう。

 

次に、女性ホルモンの働きを助けましょう。

 

産後の抜け毛は女性ホルモンが

 

急激に減少したことが原因だとお伝えしました。

 

しかしその女性ホルモンをサプリメントで

 

補給しようとなると赤ちゃんへの母乳での

 

影響が気になるところです。

 

女性ホルモンに似た作用を持つ成分を

 

含んだ育毛剤で産後の抜け毛を抑え、

 

対処することが大切です。

 

最後に、髪を紫外線から守りましょう。

 

ふたりめの子供がいる方は特に、

 

公園に連れていって遊ばせなければならないし、

 

洗濯物も多く紫外線を浴びる機会が多いというのが悩みです。

 

紫外線は髪を乾燥させ、

 

パサパサな状態にしてしまいます。

 

その感想が血流の流れを悪くし、

 

栄養素が毛根に届かなくなる原因にもなるので、

 

紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

 

 

産後の抜け毛はいつまでなの?早く終わって欲しい産後の抜け毛

 

産後の抜け毛は「産後脱毛症」と呼ばれ

 

産後のママの80%が経験するとのデータがあります。

 

産後すぐに突然抜け始めた髪の毛に

 

驚くママは「いつまで抜け毛が続くの…」と

 

不安に思うでしょうが、まずはしっかりと

 

気を持ちましょう。

 

いつからいつまで抜け毛が続くのかは、

 

個人差が大きいです。

 

産後すぐに抜け始め、6ヶ月程で抜け毛がとまり、

 

産後の抜け毛はいつまでなの?

 

早く終わって欲しい産後の抜け毛は

 

嫌なものです。

 

産後しばらくしてから抜け始め、

 

1年程で生え始めたという方など様々。

 

髪の成長に合わせて、

 

新しい髪の毛が生え始めるまでの

 

休止期である2〜3ヶ月を過ぎた時点で生え始めます。

 

「抜け毛が少なくなってきたな」と思ってから2〜3ヶ月は

 

あまり悩み過ぎないようにしましょう。

 

女性ホルモンの分泌には個人さがありますが、

 

1年以上抜け毛に悩まされるようであれば、注意しましょう。

産後の抜け毛と共に悩む頭痛 正しい産後の頭痛対策とは?

産後の頭痛には、生活習慣やホルモンバランスの崩れが

 

大きく関わっています。

 

この原因は、産後の抜け毛を引き起こす原因によく似ています。

 

産後の抜け毛も、頭痛も出産を経験したママにとっては

 

一般的なことだということです。

 

頭痛には大きく「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の2種類があります。

 

偏頭痛は吐き気や嘔吐、肩こりなどの体調不良を伴うことが多く、

 

こみかめや目の周辺がズキズキと痛み、

 

一度起きると2〜3日ほど続くのが特徴です。

 

一方、緊張型頭痛は後頭部から首筋にかけて

 

頭全体にしめつけられるような痛みが起き、

 

短いと1時間ほどでおさまりますが、

 

長いと何週間も続くこともあります。

 

特に吐き気などの症状を伴うことはありません。

 

産後の「頭痛」がどちらに当てはまるかで原因と対策が異なりますので、

 

まずは症状をしっかりと確認しましょう。

 

偏頭痛は何らかのきっかけで脳の血管が

 

拡張することで引き起こされます。

 

一方、緊張型頭痛は、頭部や首、肩の筋肉が緊張し、

 

血流が悪くなることで、頭部周囲の神経が刺激されて引き起こされます。

 

どちらも精神的・精神的なものから引き起こされるため、

 

原因を一概に特定することは難しい。

 

偏頭痛の対処法として適切なのは、

 

拡張した血管を収縮させる必要があります。

 

偏頭痛が起きたら、まずは部屋を暗くし、体を休めましょう。

 

できれば赤ちゃんが寝ている間に一緒に仮眠をとるのがおすすめです。

 

また、首の後ろを濡れたタオルなどで冷やすことで

 

血管の収縮を促します。

 

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインも血管収縮効果があるので、

 

偏頭痛がしたら少量摂ってみてください。

 

ただし、大量に飲むことや毎日飲み続けると逆効果です。

 

特に母乳育児をされている方はカフェインの摂取量に気をつけてくださいね。

 

緊張型頭痛は偏頭痛と対処法が異なり、

 

抜け毛防止と同じく血行を良くすることが効果的です。

 

冷やすのではなく、あたためることでこりをほぐしましょう。

 

特に後頭部や首、肩にあたためたタオルをのせてあげると

 

リラックスもできて効果的です。

 

また、身体を軽く動かすことで、血液の循環が良くなります。

 

首・肩・腕をゆっくり大きく回すなど、

 

簡単なストレッチをしてみてください。

 

産後すぐは、無理は禁物ですから、あくまで適度な運動を心がけましょう。